たった一言を、伝えたくて。。。 

あなたは、亡くなった愛する人が起こす奇蹟を、信じますか?

私は職業柄、亡くなったご家族などからのメッセージをお客様に

伝えることもよくセッションの中で行います。

一般のヒーリングでは、ここまでする人は少ないでしょう。

厳密にいえば、私はミディアム(霊媒師)寄りのヒーラーです。

幼少期、空を飛ぶ(みんなには)見えない存在と話をしては、

母に「変な子だと思われるから、やめなさい!」という言葉で

その能力と記憶を、ヒーラーになるまで封印していました。

私がネイチャーサイキックだったという事実を証言してくれたのは、

天使とよく話してる私の姿を覚えて居てくれた幼ななじみでした。

ちなみに、私の時代には少なかったこのような子供は、

最近はけして珍しくはないそうで、幼稚園の先生をやっている知人に聞いたら、

「クラスに2~3人はいるよ!お空に向かっておしゃべりしてる子(笑)」ですって。

けして私のH.P.にもセッションメニューにも、

イタコとしての業務は書いた事が無いのですが(笑)、

なぜか私のセッションでは、亡くなったご家族がよく登場されて、

生前、伝えられなかった想いを託されることが多いのです。

その言葉を忠実にお伝えすると、「生前によくお父さんがよく言ってた言葉だわ」

とか、生きていた頃と変わりない考え方や特徴や、

お客様と亡くなった方しか知りえない事実などを語り出すので、

本当に今、ここに(御霊が)来ている!という事を信じて頂けます。

私のお客様は、ご紹介で来て下さるかたがほとんどなのですが、

なかには“なんでセッションを申し込んだのか、よく理由がわからない”

まま、私のサロンにいらっしゃる方もけっこういます。

そのようなお客様とお話しをしている中で、徐々に明らかになるのは、

実は、このセッションを申し込んだのは、ご本人ではなかった!という事。

もちろん、私に電話をかけたり、メールをしたのはご本人ですが、

本当の依頼主は、イタコとしての私に、どうしても伝えてほしい想いがある、

亡くなったご家族でした。

生前、いろんな理由で思うように会えなかった娘へ、

100年以上前に自分が興した事業を引き継いでくれているひ孫へ

家族に縛られずに、自分らしく生きて欲しい!妹へ

生きている時は、苦労ばかりかけてしまった妻へ。。。etc

事情はそれぞれですが、そこには語りつくせない亡き人の大きな愛を感じました。

そして共通しているメッセージは、“もう過去に縛られないで、幸せに生きてほしい”

という内容でした。

意外かもしれませんが、亡くなったパートナーの多くは、

今、生きているパートナーの再婚を望んでいます。

生きられる限りある時間を、もっとせいいっぱい幸せに生きて欲しい!!

自分が残した悲しみや過去に、いつまでも留まっていてほしくない!!

このような大きな愛で、奇蹟を起こすのです。

いったいどうやって亡くなった人が私とお客様を繋ぐのか、

私にもわかりません。

でもこのような出会いや偶然を装った奇蹟は、意外にも人生にあふれていると、

私は感じています。

昨年、私が1番感動した映画「ナミヤ雑貨店の奇跡」は、まさに時空を超えて起こした

亡き人の奇跡だと、私は解釈しています。(でなければ、物語が成立しないから)

でもこれは、空想の世界にだけ起きる事ではなく、

私たちの現実にも、気付けばたくさん存在して居るのです。

そこに気づくか、気づかずに過ごして居るかだけのことで。

人は、いつも独りで生きていると感じて居ます。

でもこのように、目には見えない多くの存在に、

支えられていることを、忘れたくはないですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問合せ・申込みはこちら