自分には効かない魔法 

先日、実家に居た時のことです。

両親が、「重要な契約書が無い!!」と大騒ぎしていました。

私も手伝って家じゅう汗だくになって探しましたが、見つかりません。

ふと、私、チャネラーだった!と思い出して、チャネリングで

契約書の在りかを聞いてみたら、返ってきた返事は、「この家には、無い」と。。。

「そんなはずはないでしょ!絶対に捨てるわけないし。」と思って、

「あぁそうか、家の中には無くて、庭の物置のコンテナの中だ!」と判断しました。

が、コンテナの中にも、見つからず。。。

そんなことをしてる間に、母が、「メインバンクの貸金庫の中じゃないかしら?!」

と思いつきました。

タクシーを飛ばして行ってみると、ちゃっかり貸金庫の中にありました。

(ママ、早く言ってよ~!。。。)

そこでハッと気づいたのです。

宇宙に契約書の在りかを聞いた時、ちゃんと真実を答えてくれていたのに、

私がそれを信じられなくて、勝手に自分の判断で解釈してしまった事に。

このように、チャネリングで真実のメッセージを受け取るのは微妙に難しいのです。

特に、自分や身内の事になると、エゴが混じりやすいので、

“こうあって欲しい”等の願望や自分の思考も入って、判断を誤りがちです。

逆に、一番簡単なチャネリングは初対面の人です。

その方の前情報が無い分、自分のエゴが入りずらいからです。

でもこれも、“きっとこの人はこうだろう”という憶測を混ぜてしまうと、失敗します。

そして宇宙が与えてくれる情報には、本人ですら信じられないような

メッセージもよく含まれます。

「Kyokoさんに3年前に関西に転勤があるっていわれたけど、

ウチの会社に支社は無いから信じられなかったんだけど、
 
その後、会社が合併して本当に大阪に転勤が決まりました!。」

というような後日談は、私のセッションではよくあります。

重要なのは、どこまで純粋に宇宙からのメッセージをキャッチし、

お客様に正確にお伝えできるか。

チャネラーのエネルギーと質問の意図を純粋に保って聞けば、

宇宙は本人が想像もできない程の情報まで与えてくれます。

また、セッションではどうしても伝えたい事があると、

キリストや聖母マリア、お釈迦様、大天使ミカエル、亡くなったご家族等から

飛び込みでメッセージが来ることもよくあります。

このサイキック能力を、もっとお金儲けの為に使ったり、人を利用するのに使ったら、

もっと良い生活できるんじゃないの?と言われたことがありますが、

そのように活用したことは一度もありません。

逆に、チャネラーとしてのエネルギーの純度が汚れると、

チャネリングができなくなりそうで怖くて、そんなことできません!

でも他者の為には使えるこの能力を、自分の悩み解決には

ほとんど活用できないもどかしさもあります。

自分がもう一人居たら、便利なのにな~と、よく思います(笑)。

「ハリーポッターと賢者の石」の中で、偉大な魔法使いフラメルが

“賢者の石を持つことができる者は、その石を利用しようとしない者。”

という魔法を賢者の石にかけた、というエピソードのように、

どうやら私のこの能力も、他者のために在るみたいです。

でもこの能力のおかげで、人によろこんで頂けるお仕事ができている、

そう考えたらこの能力の一番の恩恵を受けているのは、やはり私なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問合せ・申込みはこちら